資格取得への最短ルート、教えます

HOME » 臨床心理士資格への道 » 資格について知ろう

資格について知ろう

そもそも、臨床心理士とはいかなる資格なのでしょうか?

臨床心理士とは、現代社会のストレスから生じる「心の問題」を、臨床心理学の知識や技術を駆使して、心の健康が損なわれた人の症状を改善する「心の専門家」です。

心理分野には国家資格がありませんが、この資格は財団法人臨床心理士資格認定協会により認定される民間資格です。

資格認定の歴史は浅く、1988年に心理臨床に関係のある16の学術団体の総意に基づいて、「日本臨床心理士資格認定協会」が設立されました。さらに2年後に、現在の文部科学省(当時の文部省)から公益法人格を持つ財団法人として認められ、現在に至っています。

この資格は認知度と社会的信頼性が高く、心理関係の職に就くためには非常に有効な資格です。

臨床心理士の仕事

  • 心の特徴や問題を探る
    …面接・観察・心理テスト等によって、心の状態を見極め、その人の特徴や問題点の所在を明らかにし、必要な援助について検討します。
  • 心理カウンセリングの実施
    …その人の特徴に応じて、カウンセリングや心理療法などの臨床心理的技法を用いて、問題の改善や解決に向けた援助を行います。
  • 臨床心理学的地域援助
    …個人のみだけではなく学校や職場等にも働きかけ、有機的な援助を適切に行います。また、地域社会に対しても、生活環境の改善の提案や情報の提供を行います。その他、災害時等に発生するPTSD(心的外傷後ストレス障害)にも積極的に対処していきます。
  • 調査・研究活動
    …常に知識と技術の向上に努め、臨床心理的調査や研究活動を行います。社会環境の変化に合わせて、常に技術的な心理療法の手法・知識の向上に努め、基礎となる臨床心理的調査や研究活動を行います。

今後の展望は?

現代のストレス社会では、「心の問題」は大きな社会問題になっており、その問題を解決してくれる臨床心理士の需要は、今後さらに高まってくることが予想されています。

現在臨床心理士の資格は5年間の更新制となっており、更新毎に実施される研修等により、高度な専門知識の向上に努めています。

臨床心理士になる近道!予備校比較ランキング>>

 
ページの先頭へ
「臨床心理士になるには」マニュアル