資格取得への最短ルート、教えます

HOME » 臨床心理士資格への道 » 効果的な勉強法

効果的な勉強法

私のような社会人が大学院入試を考える上で、如何に効率的に勉強するかということを一番に考えました。

効率的な受験勉強の方法とは

概ね勉強には、以下3つの方法があります。

  1. 独学でやっていく
  2. 通信講座で勉強する
  3. 予備校に通学して勉強する

1.については、お金がかからないというメリットがありますが、私には自信がありませんでした。大学院の過去問題を見てみると、大学時代に心理学を専攻していない私には難し過ぎて、正直無理だと思いました。

2.3.を検討するにあたり、自分は何を優先するかを考えてみました。それは以下の3つとなります。

  • 効率性
    …時間的に意味合いも含めて考えてみましたが、これは通信というメリットは非常に大きいですね。天候や仕事の事情に左右されず、自分の時間を使って勉強ができるので、効率的だと思いました。
    ただ、別な見方として、殆ど独学と変わりません。問題集や参考書が指定の物を使用して、添削して頂ける先生がいるか、いないかで、状況的には変わりません。そのあたりをどう判断するかで意見が分かれるところだと思います。
  • モチベーション
    …これは通学の方が圧倒的に高くなります。同じ志を持った人々が一緒に勉強しているので、非常に心強いと思います。
    特に勉強は孤独な自己との戦いです。ですので、たまには息抜きしたり、誰かと悩みを共有したりすることもモチベーションを保つうえで、必要だと思います。
  • 資格取得における情報収集
    …これも通学の方が必然的に情報量が増えてきます。大学院情報もそうですが、実際に臨床心理士の方々の話を聞ける講演会や相談会等が実施されている場合が多々あります。
    そんな時は学校の掲示板等に張られていることが多いので、必然的に情報量は増えてしまいます。

色々と悩んだ結果、私は予備校に通うことにしました。

皆さんも個々で事情や状況が違うと思いますので、大学院合格を目指して、何を優先するのか、一度じっくり考えてみては如何でしょうか。もっと違う解決方法が見えてくるかも知れませんよ。

合格のための臨床心理士予備校比較ランキング>>

 
ページの先頭へ
「臨床心理士になるには」マニュアル