資格取得への最短ルート、教えます

HOME » 臨床心理士資格への道 » どんな仕事で活かせるか

どんな仕事で活かせるか

臨床心理士の活動領域は、教育、医療、司法、福祉、産業など多岐にわたります。もともと臨床心理士資格は「汎用性」を特徴としており、結果的に活動領域が広汎になるのは当然のことなのです。今後も人が関わるすべての分野へと広がっていくと考えられてます。

分野別・臨床心理士の活躍の場とは

【教育分野】

児童の発達、学業、生活面などでの問題に対して心理的援助を行います。既に文部科学省指導のもと設置されたスクールカウンセラーが実働しており、児童本人との面接のほか、親との面接、教師へのコンサルテーションなどを実施し、必要に応じて他機関との連携も視野に入れ活動を行います。

[学校内の教育相談室(小・中・高校)/教育センター/各種教育相談機関など]

【医療・保健分野】

心の問題で何かしらの障害を抱えている人、病気やけがなどをしている人への心理的援助が中心です。心理テストや心理療法の他に、デイケアやコンサルテーションなどの活動も行います。また市町村の保健センターでは、小児科医や保健師とともに乳幼児の健康診査や発達相談などにもかかわります。

[病院・診療所(精神科、心療内科、小児科他)/保健所/精神保健福祉センター/リハビリテーションセンター/市町村の保健センターなど]

【福祉分野】

家庭の事情によって家族と会えない子どもの心の問題や非行、障害を持つ子供、女性問題、高齢者の問題など、福祉に関する幅広い領域に対し、心理的側面から援助します。

[児童相談所/療育施設/心身障害者福祉センター/障害者作業所/女性相談センター/老人福祉施設など]

【司法・矯正分野】

社会的処遇を決定する際の心理的側面に関するテストや調査、矯正に向けての面接などを行い、心理的側面から提言を行います。

[家庭裁判所/少年鑑別所/刑務所/拘置所/少年院/保護観察所/児童自立支援施設/警察関係等のさまざまな専門的相談業務など]

【労働・産業分野】

職業生活を遂行のためにの予防、実際に起った問題の解決に向けて面接や職場内へのコンサルテーション等を行います。また就業の相談では、職業への適性をめぐる問題において面接等を通して心理的側面から提言を行います。

[企業内相談室/企業内健康管理センター/安全保健センター/公立職業安定所(ハローワーク)/障害者職業センターなど]

その他に臨床心理士として開業する場合も考えられます。但し、薬の処方といった医療行為が出来ないため、治療で薬が必要な時は、医療機関と連携して活動にあたります。

このように臨床心理士の活動の場は数多く存在しますが、残念なことに、いずれの場合もパートや非常勤での就業が多く、正規雇用される場合は多くありません。今後は雇用形態も含めた制度設計が、国や地方行政の場で検討されることが期待されています。

 
ページの先頭へ
「臨床心理士になるには」マニュアル