資格取得への最短ルート、教えます

HOME » 臨床心理士資格への道 » 受験者へのQ&A

受験者へのQ&A

これまでは臨床心理士全般と資格取得のための大学院の紹介、そして大学院入学を勝ち取るうえでの方法を私なりに説明してきました。最終的には皆さんがどう思うかによって、今後の将来展望も変わってくるのではないかと思います。

以下、私がこれまで聞かれてきた質問について、参考までに解答を出してみました。特にこれから皆さんが体験するであろう大学院受験に的を絞ってみました。

予備校生からの「臨床心理士指定大学院」へのソボクな疑問

  • Q)卒業した学部が心理と異なる分野なのですが、大丈夫ですか?
  • A)大丈夫です。例えば理系学部出身者でも大学院は受験できます。
  • Q)競争率や難易度はどれぐらいになりますか?
  • A)大学院入試は、大学受験とは違って、偏差値などで難易度を決められるものではありません。また、どれだけ募集人員が多くても、受験合格するための勉強をしなければ、なかなか合格はできません。ですから早くから、希望の大学院に合格するための受験勉強に取り組むことが大事だと思います。
  • Q)偏差値が高い大学の大学院を受験した方が良いのですか?
  • A)大学受験では、偏差値が高い大学が良い大学と考えられていました。しかし、大学院受験では必ずしもそうではありません。修士論文を書く上で、自分の研究したいテーマと指導教員の専門が合っていることが重要です。学部の偏差値という点からではなく、実際の指導教員という点から、受験する大学院を決めた方が良いでしょう。但し、将来研究者になりたい人は大学受験での偏差値が高い大学院進学した方が良いでしょう。また、臨床心理士の資格を取得することが目的の人は、大学の偏差値についての評判はあまり考慮しなくても良いでしょう。
  • Q)心理大学院入試や編入学で必要な英語のレベルはどれくらいですか?
  • A)大学院入試の英語は長文の全訳が主体です。海外留学をしていてリスニングができるということも、あまり意味を成しません。英語の文字を読んですぐに日本語で意味をとれるぐらいの長文読解力が必要となります。
  • Q)受験にするためには、どのくらいの準備期間が必要ですか?
  • A)できれば1年間ぐらいの準備期間の中で計画を立てられるのが理想だと思います。ただ、時間的制約の多い社会人の方であれば、それだけの準備期間を取る事は難しいと思います。ですので、少ない期間でも、集中できて効率的な勉強方法を見つけ出していくことが大切だと思います。
  • Q)年齢的に不利になることはありますか?
  • A)年齢によって不利になることは、全くありません!事実、定年退職後の楽しみで大学院に通っている方、様々な事情を抱えながら、勉強に励んでいる方もおられます。ようするに個々人の心の持ちようだと思います。
 
ページの先頭へ
「臨床心理士になるには」マニュアル