資格取得への最短ルート、教えます

HOME » 臨床心理士資格への道 » 独立開業をするために

独立開業をするために

臨床心理士として独立開業するにあたって、開業に向けての心得や事前に知っておきたいポイントを押さえておきましょう。ある程度予測を立てておくことで、いざ開業するときに「こんなはずでは!」というギャップをなくすことができます。

臨床心理士として独立開業するために押さえておくべきポイント

【開業にあたっての心得】

臨床心理士の社会的認知度はまだまだ低く、独立開業のためのプロセスが公になっていないことがほとんどです。そのため、手本にできるモデルが確立しておらず、独立開業には大きなリスクが伴うことを認識しておく必要があります。

【開業後の可能性】

個人的な心理ストレスや悩みが増加傾向にある今、臨床心理士としての活躍の場は増えていると考えられます。公的機関の相談場所がまだ不十分であるため、独立開業をして軌道にのせられる可能性も十分あります。

民間の相談場所との差別化を図り、特徴をアピールしながら続けることで独自のポジションを築くことができるでしょう。

【独立までのイロハ】

必要な資格を取得したからといって、すぐに独立できるわけではありません。経験の積める現場に出て、スキルを磨きながら開業の準備を進める必要があります。

独立開業にあたっては、患者のスケジュールに合わせたスタイルや得意分野を活かしたサポートを行うなど、特色を意識しながらポジションを確立させることが大切です。得意分野を活かせば知識も深いため、患者側の安心感にもつながります。

ある程度認知度が高まれば、患者の口コミやメディアの露出などによって評判が広まる可能性もあります。誠実な対応を続けて息の長い相談場所を目指し、社会に役立つサポートを行っていきましょう。

 
ページの先頭へ
「臨床心理士になるには」マニュアル